法律の種類とそれぞれの法律の違い

法律という言葉を知らない人はいないのではないでしょうか。
生活するうえでも法律はとても身近にあるものです。
しかし、法律にはどのようなものがあるのか、それぞれの法律にどのような違いがあるのかということを知っている人は多くはありません。
法律には大きく分けて3種類あります。
民法、憲法、刑法の3つです。
どの法律も日本で生活するうえで重要なものとなっています。
これら3つの大きな違いは誰に対して行使されるかということです。
民法は私人間同士で適用される法律となっています。
それに対して憲法は個人から国家に対して適用される法律です。
そして、刑法は国家から個人に対して適用される法律となっています。
私人間同士の争いで憲法を適用しようとする場合には、民法などの法律を使って間接的に憲法が適用されます。
このように民法と刑法、憲法はどれも同じ法律という括り方をされますが、それぞれに明確な違いがあることを理解しておくようにしましょう。


sub置換

Copyright© 法律 All Rights Reserved.