知らなかったでは済まされないことがあります

労働に関するトラブルが年々増加をしています。
中には知っておかなければいけない、知っていて当然の労働基準法を全く知らないという管理職がいます。
安易に解雇をすることはできませんし、もしも解雇をするだけの理由があった場合には、その1ヵ月前を目安に伝えなければいけません。
その通告も行なわずに気に入らないからという理由だけで解雇をしてしまう人がいます。
それは法律に触れていますが、その法律の存在そのものを知らない、ということで通してしまう人がいます。
企業に所属をしている場合、企業側が管理職の人を守ってしまうことがあります。
しかしそういう人を守ってしまうと他にも被害者が出てきてしまうかもしれない、ということは考えておく必要があります。
訴訟のリスクを常に抱えることになることも承知の上でその人を守るということになります。
隠蔽をする専門部署を持っている企業もあり、その場合には組織包みでの隠蔽を行っているということになります。


sub置換

Copyright© 法律 All Rights Reserved.