法律、公職選挙法の改正について

法律と聞いて一番に思いついたのが公職選挙法の改正でした。
2014年、第三次安倍晋三内閣が発足しました。
そして、安倍晋三内閣により2015年、公職選挙法の改正案が提出され、2016年から選挙権が20歳から18歳に引き下げられました。
選挙法が改正されたことにより、高校生という若い世代が政治に参加することが出来るようになりました。
これは、今まで政治に興味を示さなかった高校生という若い世代が政治に興味を持つきっかけになると同時に、日本の政府は若い世代から見た日本の姿を知ることが出来ます。
そのため、高齢者の意見が多く目立っていた政治の仕方を新たな目線から見ることが出来るようになります。
このようなことから、公職選挙法改正のメリットはとても大きいと思います。
今はまだ、18歳から20歳までの選挙の投票率は少ないです。
これから高校生のみなさんが、政治について知識を深め、自分自身の考えを巡らし、選挙に参加し、日本の将来を支えていく存在になってほしいですね。


sub置換

Copyright© 法律 All Rights Reserved.