本当に弱者を救う仕事を言えるのか

法律に関わる仕事の代表的なものに弁護士があります。
弱者を救うため、困っている人の役に立つために目指すという人もいるかもしれません。
しかし大抵の弁護士はお金のことだけを考えて動いています。
弱者を救うなんて正義感を持っている弁護士はいません。
報酬を得ることができないと判断すれば、平気で見捨てます。
勝訴の可能性が高い案件でも報酬のほうが高くなってしまう、ということを伝えて断らせることもあります。
弁護士報酬は驚くほど高額です。
困っている人の中にはお金の問題を抱えている人も多いです。
それなのにお金を取ることしか考えておらず、困っている人がいても助けることはしません。
そういう考えが今の司法の世界の常識になっていることが問題です。
もっと弱者に寄り添うことが出来る司法の仕組みを整えていくことが必要ですし、犯罪を犯した人に対しては無罪にするのではなく、重罰を与えるように弁護をすることが正義に繋がります。
そこまで志の高い弁護士は今の日本には居ないようです。


sub置換

Copyright© 法律 All Rights Reserved.