憲法の役割についてよく理解する必要がある

テレビの討論番組では憲法の問題に関して学者が言い争っている姿をよく見かけますが、憲法のことについてよく知らないと学者達が何を言っているのかさっぱり分からないこともあります。
中には独り善がりの学説を唱える学者もいて聞いていて頭が痛くなってしまいますが、憲法の問題に関しては全ての人に関わりのあることなので自分なりによく勉強する必要があります。
法律は国民を縛るためのものですが憲法は国家を縛るためのものなので非常に重要で、権力者が民意とかけ離れたことをしないようにするための最後の砦であると言えます。
そのため憲法を改正するためには衆参の国会議員の総議員の3分の2以上の賛成が必要ですし、国会で憲法改正の発議がされたとしても国民の過半数の賛成を必要としています。
もちろん憲法改正に関しては国によって大きく違うのでその役割については一概に言うことは出来ませんが、日本ではかなり憲法改正のハードルが高くなっています。
どうしてなかなか憲法を改正することが出来ないのかよく勉強すると分かって来るのですが、何れにしても憲法は国民のためにあるものとよく理解することが大切です。


sub置換

Copyright© 法律 All Rights Reserved.