正に細かく定められていると言うのが法律です

今の世の中、正に細かく定められているものの中に法律があります。
社会を法で律すると言う事です。
つまりは何か社会として、また民事的に問題となれば、それを正すと言う訳です。
家庭の事は民事であり、社会一般の場合には商法や会社法があります。
そしてその他にも犯罪などの場合には刑法があります。
生きている限り、そして社会人となれば、やってはいけないと言うのが社会のルールです。
一番身近なものには運転です。
全て運転免許の必要な車両を使用する場合には、それぞれの交通法に則った方法で使用する事です。
そして人を騙すような事を行ってはいけないと言う事です。
その騙しが金銭関係となる場合には犯罪と言う事になります。
そして人の物を盗んではいけないと言う事です。
盗難、または窃盗、或いは強盗などは、重い罪と言う事になります。
そして如何なる事情であっても、人を傷つけてはいけないと言う事です。
傷害事件にも発展します。
最悪には殺人事件と言う展開にもなります。
全て法律で裁かれます。


sub置換

Copyright© 法律 All Rights Reserved.